省エネコンサルティング

有限会社えんがわ 会社概要お問い合わせトップページ
省エネは地球環境を守ります
省エネコンサルティング トップページ
トップページ
電気自由化のお話
京都議定書と電気自由化 ESCO事業について
サービス内容
【調達改善】電気料金の見直し 【環境改善】エネルギーコストの削減
業務別サービス案内
一般向け マンション向け 電気契約料金の見直し 共用部照明にかかる電気料金の削減 低圧電力向け 飲食店・店舗向け 高圧電力向け
削減事例
削減事例
よくあるご質問
Q&A 共通のご質問マンションの電気料金削減に関するご質問
資料請求
マンションオーナー様・管理会社様向け資料請求フォーム
環境メールマガジン 中小企業が勝ち抜く為の環境経営

お名前

メールアドレス[必須]

環境メールマガジン
えんがわ環境セミナー 弊社環境事業にご協力いただけるパートナー様を募集しております
名古屋市昭和区萩原町2-10
TEL 052-732-7177
FAX 052-741-3051

マンション向け 電気契約料金の見直し

マンションのオーナー及び大家さんへ     本当に電気料金が下がるの?    
調査無料 導入費用負担0円 成果保障
事前に確実に電気基本料金が下がるか現場を調査します。 電気基本料金の削減額の中から導入費用を全て捻出できます。 電気基本料金が下がらない場合は全額返金致します。

マンションのオーナー及び大家さんへ

特にこんなマンションは要チェック!低圧電力7KW前後~対象
低圧電力契約の契約容量が7kw前後、またはそれ以上である。
エレベーター付きのマンションである。


電気の基本料金を下げられる可能性が高いです!

低圧電力の契約容量を「負荷設備契約」から「主開閉器契約」に変更して、電子ブレーカーを設置することで、低圧電力の契約容量を小さくすることができ、基本料金を下げられる場合が多いのです。

コスト削減率平均40%ダウン/年間削減率20万円以上も/豊富な導入実績2000社以上
負荷設備契約から主開閉器契約に切替える過程の料金区分

※低圧電力の基本料金=契約容量(KW)×基本料金単価×力率(割増・割引)

 
【契約容量(KW)の決定方法は二種類あります】
負荷設備契約
動力設備の総合計KWを単純に契約容量として算出。
契約容量は機械の稼働時間・実際の使用電力にかかわらず設備容量の最大値になる。
主開閉器契約(ブレーカー契約)
設備容量に関係なく、実際に稼動する電流地を元にして契約容量を算出。
負荷設備契約よりも契約容量を小さくできる。
※詳しくは、中部電力の「電気供給約款(⇒中部電力/各種約款)」をご覧ください。
 
電気料金削減までの流れ ■スケジュール
  合計日数:約15日【内訳:1~3(約5日間)/4~8(約10日間)】
 流れ図
契約電力の変更については、電力供給約款に基づいて行います。
電子ブレーカー設置工事の翌日から日割りで低圧電力の基本料金がお安くなります。

マンション共用部照明にかかる電気料金削減の導入事例はこちらをご覧ください。

その他のお客様の削減事例はこちらをご覧ください。

本当に電気料金が下がるの?

電子ブレーカーはJIS規格に基づいた時間内であれば、定格を超える電流で電気を使うことができるので、契約電力を小さくして基本料金を削減することができます。

使用料金の削減と違い基本料金の削減ですので、削減金額を明確に提示することがでるのです。
下図のサンプル事例では、15KWの削減になりますので、「 15KW × 単価1,092円 = 16,380円
が削減金額になります。(単価1,092円は、中部電力の1KWあたりの料金です。)

サンプル事例

サンプル事例


負荷設備契約、主開閉器契約についてはこちらをご参照ください

実際の各設備の利用イメージ

マンションオーナー様・管理会社様向け資料請求フォーム

 
ページのトップへ戻る